架空請求の手口

架空請求と不当請求

最近よく聞くのが、架空請求や不当請求と言う言葉です。

 

この架空請求と不当請求は、どちらも詐欺まがいの行為になりますが、内容が少し違います。

 

架空請求は、身に覚えの無いことに対して請求書を送りつけてくるものです。

 

不当請求は、別名不当料金請求(ワンクリック詐欺)とも言われていて、携帯やパソコンに、こちらが承諾していないにも関わらず、送られてきたメールに記載されているURLをクリックしたことで、何万円と言う請求の連絡がくることです。

 

また、不当請求の手口として、初めに「無料おためし」と記されているので、無料期間内で利用して有料になる前に退会をしているはずなのに、そのサイトから利用料金を何万円も請求されることもあります。

 

つまり不当請求は、サイトにアクセスしたことは間違いないのですが、「無料」とされているにも関わらず、何万円もの金額を請求されたり、1度だけURLをクリックしただけで何万円も利用料金を請求されるなど、正規の金額と見合わない額を請求される事です。

 

架空請求であれば、「絶対に私は利用していない」と確信が持てるので無視する方も多いのですが、不当請求は身に覚えがある事につけ込んでくるので、泣く泣くお金を払ってしまう方が多く、詐欺の餌食になりやすいようです。

 

とにかく、このような請求を送りつけてくる相手は詐欺のプロなので、心の隙間に入り込んで上手く誘導してきます。

 

同じ架空請求を送られてきても、全く身に覚えが無いと架空請求、覚えがあると不当請求という事になります。

 

どちらも犯罪と同じ行為なので、簡単に相手の話に乗ってはいけません。

 

大事なことは、あなたの冷静な判断が必要だと言うことです。

架空請求と不当請求関連エントリー


架空請求と不当請求

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します