架空請求の手口

架空請求と子供の携帯電話被害

架空請求の被害で増えているのが、子供の携帯電話でのトラブルなのです。

 

最近の携帯電話でのサイトの中には、懸賞サイトや着メロのダウンロードサイトなどで、メールアドレスを入力するように誘導して、出会い系サイトに登録させるような悪質な手段を使ってくる業者がいます。

 

子供は社会的な考えがまだ無いので、簡単に携帯番号や名前を入力してしまうことが多いのです。

 

登録された情報を利用して、架空請求を送りつけるのは簡単なことです。

 

このようなワンクリック、あるいはツークリック詐欺をドンドン増やさないために、子供の携帯電話について利用方法を親子でしっかりと話し合うことが大切です。

 

もちろん1番は保護者がしっかりと管理することが望ましいのですが、子供が携帯電話を持ち歩いている以上、四六時中管理するのは難しいことです。

 

子供にふさわしくないサイトをブロックする機能を使うことで、予防が出来る方法もあるので、親子で携帯電話の使い方を話し合うことも必要でしょう。

 

出会い系サイトでの架空請求被害は、85%が18才未満の子供です。

 

その中で出会い系サイトにアクセスする手段として、携帯電話を使う子供が95%以上という調査結果が出ています。

 

いかに携帯電話での架空請求被害が多いかが分ります。

 

子供の携帯電話での被害は、このような架空請求だけでなく、様々な犯罪に巻き込まれるケースも頻繁に起きるようになっていので、保護者はしっかりとした間違いの無い使い方を、子供に伝える必要があります。

 

特定のサイトをブロックするセキュリティーシステムなどを使って、徹底的に悪質なサイトから子供を守ることも、架空請求の防止手段になるのではないでしょうか。

架空請求と子供の携帯電話被害関連エントリー


架空請求と子供の携帯電話被害

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します