架空請求の手口

架空請求と振り込め詐欺

架空請求や振り込め詐欺の被害は、後を絶たないのが現状です。

 

警察や自治体独自で注意の換気を促したり、講演会や説明会を行っているにもかかわらず、減少しないのはどうしてなのでしょう。

 

人間の弱さや家族を守りたいと言う心理が働くところを、上手くついてくるからではないでしょうか。

 

振り込め詐欺は、どちらかと言うと高齢者を狙った詐欺と言えるでしょう。

 

最近の傾向としては、地上デジタル放送に関連した振り込め詐欺が多く発生しているようです。

 

架空請求はどちらかと言うと若い年齢層でも、最近は特に女性を狙う傾向にあります。

 

インターネットや携帯電話の普及と共に、アダルトコンテンツや出会い系サイト、ツーショットダイヤルなどを利用する人が多くなったことにも、原因があるのではないでしょうか。

 

もちろん、正しい運営を行っているものもあるので、全てが悪質なサイトというわけではありません。

 

使う方が良識を持って、利用することが求められているのです。

 

架空請求や振り込め詐欺の被害は、他人事ではないと言うことを常に頭に入れておくことが重要です。

 

そして、架空請求が送りつけてきたり、お金を振り込むように指示する電話があったときは、とにかく冷静になりましょう。

 

消費生活センターなどに相談に行く事をお薦めします。

 

警察でも、架空請求業者や振り込め詐欺のブラックリストを作っていて、相談に行くと即座に対応してくれるので、不安に思わずに相談しましょう。

 

架空請求と振り込め詐欺は同じ手口と考えていいでしょう。

 

どちらも、似たような手口でお金を振り込ませようとする悪質な詐欺集団です。

 

自分は大丈夫と思っていないで、このような状況になったときにはどう対応するかを頭に入れておく必要があるのです。

架空請求と振り込め詐欺関連エントリー


架空請求と振り込め詐欺

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します