架空請求の手口

架空請求を送る業者の手口

架空請求で被害が増加している様です。

 

架空請求を送りつける業者が新しい手口を次々と考え出してくるので、架空請求と言うものがあることは分っていても、自分に送られてきた督促状が架空請求なのか判断することが出来なくなってしまうようです。

 

架空請求の手口がどの様なものか知っておけば、少しでも架空請求による詐欺の被害を回避出来るのではないでしょうか。

 

まず、架空請求で多いのが「アダルトサイトの延滞金が支払われていない」と言った内容のものでしょう。

 

確かにそのようなサイトを利用したことがある方には、身に覚えがあるので「自分の事だ」と思ってしまうのではないでしょうか。

 

また、請求金額を小額(2万円〜3万円ほど)にして、払いやすいようにしています。

 

「法務省認定法人」という業者からのメールやハガキを送ってくる架空請求もあります。

 

「民事訴訟最終通達書」と通達書の名前が長々と書かれたハガキには、消費料金未納として訴訟を起こしたとしています。

 

その中には、「最近、架空請求業者による小額訴訟を利用した訴訟もあるので用心してください」と、注意を呼びかけている架空請求もあるので、騙されないようにしましょう。

 

この場合はほとんど無視しても大丈夫な様です。

 

携帯のメールを使った架空請求では、知らないアドレスから「私の事覚えてますか」といったメールが届いて、選択されたURLをクリックしただけで、会員登録されてしまい、その後利用料の請求を送りつけるというやり方なのです。

 

最近は、銀行でのATMを使った架空請求に対する振込みを、未然に防止する意識が高まっています。

 

ところが、そこで新手口を使って、コンビニで送る事が出来る郵便を使って送金させる方法に変えてきています。

架空請求を送る業者の手口関連エントリー


架空請求を送る業者の手口

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します