架空請求の手口

架空請求詐欺に注意する

以前から架空請求を送りつける詐欺はありましたが、最近は手口も巧妙になってきているので、騙されてしまう方が増えているようです。

 

よく使われるのが、アダルト系サイトや出会い系サイトからの未払い請求というものです。

 

最近では既存の会社名を名乗って架空請求を送りつけてくるもの、裁判所からの告知に見せかけた文章などを送りつけるもの、差し押さえや自宅、勤務先に請求金額の回収に来るといった脅迫に近い内容のものなど、不安感をあおるような言葉や文章で、巧みにお金を奪い取ろうとする手口が増えているようです。

 

架空請求を送りつけられた方は、トラブルになりたくないと考えてしまうことが多いので、そこが相手の狙い目になります。

 

架空請求の特徴は、最初に「訴訟受理」「民事訴訟」「最終通告」のようないかにも難しい言葉を並べて、不安にさせます。

 

訴訟番号として何桁かの数字を並べているのですが、これも個別の通知のように思わせているだけで、他の方にも同じ番号で送っています。

 

請求額や債務の内容も明確にせず、はっきりと覚えていないような契約に対する内容の請求だと伝えてくることが多い様です。

 

内容の中には、法律用語や裁判をイメージさせる言葉を使ってくるので、送られた方はそれだけでも不安になってしまうでしょう。

 

本当に裁判所からの通知であれば、「特別送達」として通知が来るので、そこでこの通告書が本物なのか偽物なのか、判断できるはずです。

 

この様に、冷静に考えれば架空請求には、つじつまが合わないことが多いのに気付くことが出来ます。

架空請求詐欺に注意する関連エントリー


架空請求詐欺に注意する

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します