架空請求の手口

有名企業の社名を騙る架空請求

架空請求の手口が巧妙になってくると、特定の社名を使って請求書を送りつける業者も出
てきています。

 

最近は、インターネットを使っているほとんどの方なら知っている「ヤフージャパン」の社名を騙っての架空請求の被害が増加しているようです。

 

サーバーの障害のために、修繕費として何十万円もの金額を請求するといった内容です。

 

支払いを電子マネーで行うように指定しているのは、電子マネーでの支払い手順を簡単に説明するといって連絡させるためです。

 

連絡をすれば履歴が残るという機能を利用して、架空請求を送りつけた業者は個人情報を入手することが出来るというわけなのです。

 

どんなことがあっても、絶対に連絡をしないようにしましょう。

 

支払いが無い場合は、IDを削除するなどの脅迫のような内容も書かれているでしょう。

 

ヤフージャパンではこのような請求は一切行っていないので、注意を呼びかています。

 

その他に、東京地裁の名を騙った電子メールによる架空請求もあるようです。

 

電子メールによる支払い命令が出来るようになったという内容で、送りつけた相手からお金を騙し取ろうというものなのです。

 

電子メールでの支払い命令は一切行われることは無いのです。

 

裁判所からと言うだけで、架空請求を受け取った相手は、焦ってしまうでしょう。

 

その人間の心理をついた悪質な手口と言えます。

 

慌てないで、事実確認を直接裁判所に連絡するようにしましょう。

 

決して記載されている電話番号に連絡だけはしないで下さい。

 

聞いたことのある社名からの請求書であれば、つい見てしまうことがありますが、身に覚えが無い時は、まず架空請求だと疑ってかかる事が必要でしょう。

有名企業の社名を騙る架空請求関連エントリー


有名企業の社名を騙る架空請求

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します