架空請求の手口

ハガキによる架空請求

架空請求は、携帯電話やパソコンから送られてくるだけではありません。

 

ハガキや封書で送りつけてくる業者もあります。

 

実際、メールでの架空請求は個人が特定できていないことが多いのですが、ハガキや封書になると住所はもちろん名前まで相手に知られていると言う事です。

 

このハガキや封書による架空請求は、どのようにして送られてくるのでしょうか。

 

これは、名簿が売られていることはご存知でしょうが、この名簿などで不特定多数に送っているだけなのです。

 

全く身に覚えがない方でも、例えば「法務省管轄管財事務局」と名乗るところから、支払い命令のようなハガキや封書が送られてきたとしたら、一瞬考えるのではないでしょうか。

 

自分ではなく家族に関係しているのではないかとか、何か間違って送られてきたのではないかなど、気になる方のほうが多いでしょう。

 

まず、「法務局管轄管財事務局」と言った名前の事務局は、法務省には存在しません。

 

また、よく似た名前で、「法務省認可法人・・・」と名乗ることもあるようですが、このような認可法人と名のつく機関もありません。

 

法務省と言う名前に惑わされる心理を尽いた悪質な架空請求の手口と言えます。

 

ただ、不安になるのが住所と名前が分っていると言う事です。

 

差し押さえや回収にくるなどの内容が書かれていると、不安になってしまうでしょう。

 

慌てて、記載されている電話番号に電話をかけると、大変なことになります。

 

相手は、あなたの住所と名前だけでなく、電話番号まで入手出来たのですから、しつこく連絡を繰り返します。

 

携帯電話やパソコンよりも、悪質な架空請求です。

 

絶対に電話をかけることだけは、しないようにして下さい。

ハガキによる架空請求関連エントリー


ハガキによる架空請求

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します