架空請求の手口

メールによる架空請求

パソコンのメールを利用した架空請求が多くなっています。

 

パソコンの普及率が上がっているので、多くなるのは当然なのでしょうが、手口がレベルアップしてきているので注意が必要です。

 

架空請求で送られるメールの中身は、アダルトサイトや出会い系サイトの利用料金の支払い請求が多いでしょう。

 

実はこのメールは不特定多数のインターネットユーザーに送っているだけなのです。

 

全く思い当たる点が無い方は、無視することも出来ますが、しかし、結構以前にアダルトサイトや出会い系サイトをちょっとでも利用したことのあるという方は、「それかも・・・」と思ってしまう様なのです。

 

この架空請求は、不特定多数の中から少しでも身に覚えがある相手に対して、送りつけているのです。

 

まるでフルイにでもかけているような、感覚だと思います。

 

この架空請求のメールは、過去に出会い系サイトやアダルトサイトを利用した記憶のある方には、とても効果がある様です。

 

このようなサイトを利用していたことを隠したいと言う心理が働き、金額が高くないのでトラブルを避けようとして、簡単に払い込んでしまう方が多いようです。

 

ここが、架空請求を送りつける業者の狙い目なのです。

 

内容に書かれていることで多いのが、「メールでの問い合わせは受け付けていません。電話連絡をして下さい」という文章なのです。

 

これは、完全に電話番号を聞きだすための手段でしょう。

 

また、必ずといっていいほど、「裁判代行業務」などのように、行政の名を騙っています。

 

裁判所と言う文字に怖気づいてしまうのが、人間の心理ではないでしょうか。

 

この様に、人間の弱さを見抜いた悪質な手口が後を絶たないのは、お金を振り込まされてしまう方がいるからかもしれません。

メールによる架空請求関連エントリー


メールによる架空請求

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します