架空請求の手口

裁判所の督促を騙った架空請求

人は行政からの通知には敏感なものです。

 

特に裁判所などから督促の連絡がきたりすると、慌てるのが一般的でしょう。

 

特に最近は、裁判所の名前を騙ったり、訴訟手続きをするなどの内容の架空請求を送りつける業者が増えてきているのです。

 

裁判所の名前だけでなく、裁判所の職員の名前を勝手に使って、架空請求を送ってくる悪質なものもあるので注意が必要です。

 

この裁判所からの督促状には、架空請求として無視できるものとそうでないものがあるので注意しまよう。

 

ハガキに明記されている裁判所の電話番号は偽った番号なので、裁判所に問い合わせる時は、地元の簡易裁判所に連絡しましょう。

 

決してハガキの連絡先には、電話をかけてはいけません。

 

架空請求のものは、封書でも普通郵便で届きます。

 

内容は、訴訟の取り下げ手続きをしなければ、強制執行を行うことや、裁判の取り消しをする場合は、期日までに連絡をするようになど、受け取った方が焦るような言葉を連ねてきます。

 

最後には連絡をさせて、電話番号などの個人情報を手に入れようと企んでいます。

 

また、架空請求の支払督促には金銭を振り込むための預金口座が記載されていることが多いのですが、裁判所からのものであれば支払いに関しての記載はされません。

 

このような架空請求であれば、ほとんど無視しておいて大丈夫でしょう。

 

しかし、架空請求ではなく本当に裁判所から送られてきたものに対しては、速やかに正しい対応をするようにして下さい。

 

裁判所からの郵便物は「特別送達」で送られてくるようになっているので、「特別送達」で手渡しされた封書に限っては、対応が必要になるのです。

 

架空請求かどうか不安な方は、消費生活センターなどに相談する事をお薦めします。

裁判所の督促を騙った架空請求関連エントリー


裁判所の督促を騙った架空請求

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します