架空請求の手口

架空請求は冷静に判断

最近ますます増加傾向にある架空請求の被害ですが、この被害を食い止めようと様々な防止策を講習会や説明会などで行っています。

 

振り込め詐欺はもちろんワンクリック詐欺などに対しても、悪質な手口や業者の情報を公開していますが、減少しないのは何か原因があるのではないでしょうか。

 

架空請求を送りつけてくる業者は、人間の心理を良くわかっています。

 

どういうことかと言うと、人間は突然自分の身に起こった良くない事に対して「焦る」と言う心理が働きます。

 

架空請求は、公的機関の名前らしきものを使ったり、○○法などの法律のような名前を出したりして、受け取った方を信じさせる情報を与えます。

 

また、携帯電話のショートメールやパソコンに勝手に送ってきたメールでも、興味があり覗いてみたくなるのが人間の心理でしょう。

 

1回のクリックで自動入会になるサイトになっているものがほとんどです。

 

クリックしただけで「入会手続きが完了しました」の文章と「あなたのIPアドレスは****」が書き込まれた画面が現れて、入会金や利用料を振り込むように指示してきます。

 

クリックしただけなのに、サイトを開けたことは間違いが無いので利用してしまったと思い込みます。

 

その上、リンク先がアダルト系や出会い系では、家族や会社にばれてしまったらどうしようと心理的なパニック状態に陥ります。

 

これが、架空請求を送りつける業者の狙いなのです。

 

この心理的パニックになる状況を作ることで、相手を怖がらせてお金を振り込ませるのです。

 

架空請求が送られてきても、慌てず焦らず冷静になってみると、内容につじつまが合わないところがあることに気付くはずです。

架空請求は冷静に判断関連エントリー


架空請求は冷静に判断

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します