架空請求の手口

無視できない架空請求

身に覚えの無い架空請求のほとんどは、無視して放っておいても大丈夫なものです。

 

慌てて相手の連絡先に電話をするようなことさえしなければ、何度も送ってくることはありません。

 

ところが、最近架空請求で、放っておいてはいけないものがあると言われていることをご存知でしょうか。

 

これは、架空請求を送りつける業者の悪質な手口なのですが、放っておくと相手の請求を認めた事になってしまうのです。

 

小額訴訟というのは、60万円以下の金額の請求であれば、原則1回の口頭弁論だけで、判決が出るという簡単な訴訟です。

 

小額の金銭トラブルを解決するために設けられた制度ですが、これを架空請求を送る業者が悪意で利用しているというのです。

 

口頭弁論に欠席すると、自動的に敗訴してしまうので注意が必要です。

 

架空請求を送りつける業者は、相手がこのような請求書を無視するだろうという前提で送りつけてきます。

 

勝訴すると、架空請求であったものが正当な請求に変わって、支払いを求めてきます。

 

弱者や正しい者を守られなければいけない法律が、悪徳業者の味方になってしまうと言う、皮肉な話なのです。

 

郵便受けに入っている裁判所からの封書であれば、架空請求と考えられます。

 

特別送達は、必ず宛先人に印鑑を貰って手渡しが原則なのです。

 

この違いを覚えておきましょう。

 

手渡しされた場合は、本当に裁判所から送られたものと判断して、速やかに不服申し立ての手続きをとりましょう。

 

このような架空請求は、めったに送ってこないようですが、もし、裁判所から特別送達で封書が送られてきたときは、そのまま放っておかないで、消費生活センターなどに相談に行ってください。

 

悪質な訴訟を取り下げる方法を教えてもらうことが出来ます。

無視できない架空請求関連エントリー


無視できない架空請求

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します