架空請求の手口

架空請求が送られてきて困った時は

架空請求が突然送られてくると、気が動転してしまう方も多いのではないでしょうか。

 

内容に覚えが無い時は、無視するのが1番良いのですが、「法務省認可通達書」とか「債権回収督促」などのように、堅苦しい名前を連ねてくると何か自分が悪い事をしたような気持ちになってしまうようです。

 

架空請求はこの人間の心理をついてくるのです。

 

子供の携帯電話に架空請求が送られて困る時は、初めに子供の携帯電話に有害なWeb
ページが見られないように、「フィルタリング」をしておくことです。

 

もちろん、家庭で使っているパソコンにも「フィルタリング」しておく必要があるでしょう。

 

フィルタリングはソフトが販売されているので、購入してインストールするか、インターネット事業者の方でフィルタリングサービスを行っていることがあるので、利用してみましょう。

 

これは、子供の携帯電話に限らず、自分の携帯電話にもフィルタリングすれば、安心できます。

 

架空請求が送られてきたときは、都道府県にある国民消費センターや国民生活センターに相談するか、警察の生活安全課でも相談にのってくれます。

 

また、インターネットで検索できる架空請求データベースがあるので、そこに架空請求に記載されている口座番号や電話番号を入力して検索すると、架空請求データベースに登録されている悪徳業者が分るようになっています。

 

その他にも、架空請求で困った時の対応の仕方や、架空請求がどの様なものかを教えてくれるサイトもたくさんあるので、確かめることも出来ます。

 

まずは、自分で調べてみるのも、良いのではないでしょうか。

架空請求が送られてきて困った時は関連エントリー


架空請求が送られてきて困った時は

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します