架空請求の手口

東京都の架空請求対策

東京都では、独自の架空請求対策を行っています。

 

架空請求の被害者は増える一方です。

 

そのため、架空請求の防衛方法についての情報を流しても、新たな手口で対抗してくる架空請求への対策強化を図りました。

 

「架空請求緊急対策斑」を設置して、専門の相談員を増やし、架空請求相談専用の窓口を増やして「架空請求110番」を設置したのです。

 

また、架空請求に関する情報サイトを設けて、直接の被害を受けた方以外でも、情報を提供してもらえるようにしました。

 

約2ヶ月の間に、「架空請求110番」に寄せられた相談は、3,000件以上を超えていて、相談者の半数以上が20〜30代だそうです。

 

相談内容は、今だに減ることの無いアダルトサイトや出会い系サイト関連で、相談内容の中から悪質な13業者の名前を公表しました。

 

その他に、経済産業省が東京都と総務省との連携で、不当請求・架空請求対策の強化を開始しました。

 

「特定商品取引法に違反するWebサイトの事例公表」として、違法Webサイトの事例を公表する事で、事例に該当するサイトを削除するなどの処置を行っています。

 

架空請求から消費者を守る取り組みがどんどん行われるようになって、消費者も架空請求に対しての意識を高めてきています。

 

しかし、悪徳業者の手口は思いもよらない方法で、ますます巧妙になってきていることも否めません。

 

被害にあわないようにするには、1人1人が架空請求から自分を守ると言う気持ちを持つことが重要なのです。

 

そして、不審な文章が送られてきたときは、躊躇しないで相談や通報をすることで、被害の拡大を防ぐ事が出来るのではないでしょうか。

東京都の架空請求対策関連エントリー


東京都の架空請求対策

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します