架空請求の手口

架空請求が送られてきたときの対処法

突然架空請求が送られてきたとき、どの様な対応をすれば良いかご存知でしょうか。

 

まず、パソコンのメールや携帯電話のショートメール、ハガキなどで送られてくる請求書は、ほとんどが架空請求と考えて間違いないでしょう。

 

裁判所から送られてくる督促などは、簡単にメールやハガキなどで送ってくることは無いのです。

 

そこで最初に見極めなくてはいけません。

 

しかし、架空請求を送りつけてくる業者も手口をドンドンとエスカレートさせてきます。

 

巧妙な手口が増えていることで、騙されてお金を支払ってしまう方が後を絶たないのでしょう。

 

身に覚えが無い場合は、完全に無視しても大丈夫なのです。

 

ここで、相手業者になんらかのアクションを起こす事によって、氏名・住所・電話番号などが相手に分ってしまう事があるのです。

 

また、お金を安易に払ってしまって、後から騙されたと分ってもお金は返って来ないでしょう。

 

そして、お金を支払うことで自分の個人情報が漏れてしまう危険性もあります。

 

そうなると、しつこく同じような手口で架空請求を送りつけたり、電話をかけてきたりする可能性もあるのです。

 

お金を支払う前に、消費生活センターや警察に相談するのが1番良い対処法でしょう。

 

しかし、身に覚えが無い場合は、冷静に判断することも出来るようですが、少しでも身に覚えがある方の場合、架空請求が送られてくると慌ててしまう事が多いようです。

 

しかし、とにかく冷静になって考えてみましょう。

 

このような請求書が本物なのか架空請求なのか、判断するのは自分なのです。

 

トラブルを避けたいと思わずに、気になる方は相談窓口に問い合わせすることが先決です。

架空請求が送られてきたときの対処法関連エントリー


架空請求が送られてきたときの対処法

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します